潮汐

ランキング

人気ブログランキングへ

Google ADSense

other

春季大会-大分県佐伯市/米水津:クロ

期間:2月7日 場所:大分県佐伯市/米水津 釣人:大野・白石・森・吉永・上村 瀬渡:若戎丸

結果 1位 吉永:クロ/42.5cm 2位 白石:クロ/30.5cm 以下対象魚なし

1位 吉永:クロ/42.5cm

2位 白石:クロ/30.5cm

(2015.02.24 小笠原) 上記結果でございます。 大会期日はいつまでか確認しないといけませんね。と言ってもまもなく3月になりそうですね。 あと、周回遅れですが2014年分のデータも暇を見つけてアップしてゆきます。

ちなみに若戎丸はこちら。

大分県別府市-別府湾:イサキ・真鯛

期間:7月26日 場所:大分県-別府湾 釣人:大野 釣船:べっぷ丸

イサキ/40cm

真鯛/43.5cm

先日イサキを狙って大分へ行ったのでその模様を書いて置きます。船釣りです。 利用した遊漁船は別府のべっぷ丸です。港を出て約1時間の船旅です。馬場の瀬と言う所で魚影を探し釣り始めましたが反応がイマイチです。船頭さんは、昨日も前半はダメで後半釣れ出したと言っていましたので期待して釣って居ましたが釣れません。釣って居る時間より魚影を探している時間の方が長いようでした。何時もより釣る時間を1時間位延長してくれましたが13:40頃納竿しました。釣果は40cm位を頭に真鯛が3匹やはり40cm位を頭にイサキが6匹で終了です。釣り雑誌の釣りファンの取材でカメラマンが乗って居ました。私も真鯛やイサキの写真を撮ってもらいました。 本が出るのが9月頃という事です。どんな記事になって居るか楽しみにしています。

生きのいい写真ですね

大分県佐伯市-西野浦:クロ

期間:3月7日 場所:大分県佐伯市-西野浦 釣人:大野 瀬渡船:西の浦つりセンター/栄福丸

クロ/30cmオーバー他

仙崎方面へ舳先を向け浦島沖の観音を見ましたが先日からの風の影響で大うねりが瀬を洗っており両方とも小さい瀬で危険でと諦めて赤瀬と言う瀬に08:00過ぎに上陸しました。準備を終え釣りますが潮の動きが悪くアタリが出ません。1時間位してからウキが少し入ったので軽く合わせると際に乗りましたが合わせが甘くバラシました。それからポツリポツリと釣れますが手の平サイズばかりで放流していましたがお土産が無いので2匹確保して釣りを続行、10:30頃30cmオーバーが釣れました。その頃より風が強く吹き出し釣りにくくなってきましたそのタイミングで船が来たので瀬替わりする事に、舳先を沖黒へ向け走り出しました。ナガミゾ方面へ、ナガミゾは人が居りその先のビロー下と言う所に上陸しました。此処もよく聞く名前の瀬です。しかし此処も潮行が悪く釣れません。14:30頃下の方でラーボがたわむれ出しました。この際ラーボでもと狙いますが釣れません。ウキが一気に入ったので合わせると一発でハリスを飛ばされました。1.5号では太刀打ちの出来ないような魚でした。ハリスを2号に変え再度挑みますが3回連続で飛ばされました。相手は尾長かばばちんだったんでしょう。3回目に高切れでウキをロストそのタイミングで納竿時間も迫っていたので片付けをしました。

大野さんに饒舌に語っていただきました。

大分県:チヌ

期間:2月24 場所:大分県 釣人:白石

チヌ/44.3cm

詳細不明です。たぶん別府湾かなぁ~

大分県別府市-別府湾(新若草港):アジ・サバ

期間:6月5日 場所:大分県別府市-別府湾/新若草港 釣人:オーノ

アジ・サバ

サバ

~オーノ

毎年恒例になった大分へのアジ釣りに行ったのでその模様を書き込んみます。 前の晩私宅を20:00に出発でした。船は別府のべっぷ丸を利用しました。朝04:30新若草港を出船で2時間ほど走って着いた所は山口県の上関の沖にある祝島の沖の釣り場でした。

昨年もここら辺で釣ったように記憶しています。しかし2時間の船旅は行は良いですが帰りはくたびれているので堪えます。

今年はアジよりサバが多く釣れました。写真の様に約8割ぐらいサバでした。サバは最大48cm有りアジは46cmぐらいです。アジの個体が大きいのであげる途中でばれるのが多く数があまり伸びずに残念です。来年は頑張って釣るつもりです。

大分県佐伯市-西野浦:チヌ

期間:4月27日-28日 場所:大分県佐伯市-西野浦(桟橋) 釣人:kamiyan

チヌ:43cm

~kamiyan

4/27~4/28に掛けて大分の西野浦に釣行してきました。

磯釣りも考慮して行きましたが、今一釣れていないのことで、桟橋での釣行でした。一日目にマダイ35センチ1匹、サンバソウ35センチ1匹、その他キス2匹、アジ3匹とたまに釣れる感じでした。同行者に50オオバーのチヌが夕方にきました。私のチヌは2日目の朝一で追加で35センチクラスのメイタ1匹追加で釣行を終えました。まだ大分も若松同様、水温14℃で今一の釣果でした。

皆さんチヌ釣りはまだまだ今からですので、どんどん釣行を重ねて43センチのチヌを抜いてください。

春季大会-大分県佐伯市/米水津:クロ

期間:1月26日 場所:大分県佐伯市/米水津 釣人:てっちゃん・moripp・youan・フジやん・kamiyan

結果 1位:youkan/クロ:42cm 2位:moripp/クロ:37cm 3位:てっちゃん/クロ:35cm 4位:kamiyan/クロ:31.2cm

youkan クロ:42cm

moripp クロ:37cm

てっちゃん クロ:35cm

kamiyan クロ:31.2cm

”ミズトリバエ”?(沖黒?)

~kamiyan

予想の天気予報の気温より寒く無く一日の釣行を行う事ができました。ヨウカンとフジやんと三人で真暗の中瀬上がりしました。 後で分かりましたが、ミズトリバエに瀬上がり、ようかんが、大分では珍しく夜にクロの42センチを上げました。私は、大分の夜釣りでクロを上げた記憶が無かったので、アラカブ釣りをしていました。釣り場は、瀬際から激流が流れアッという間に50~100メートル流れる状態の釣り場でした。 釣行の皆さんお疲れさまでした。48時間不眠不休は40代後半の体力に堪えました。釣果は今一でしたが、楽しい一日を過ごすことができました。

~youkan

大会参加の皆さんお疲れ様でした。今回も40㎝前後爆釣とは行きませんでしたが、とりあえずはメイン大会のトップは取れました。水温が14°ぐらいしかなかったので エサ取りも少なく 魚の活性がない中、夜釣りで釣れたのもまぐれみたいなものでしょう。まだ、大会期間もあるので、大会参加されていないみなさんも44㎝越えならまだまだ越えれるサイズなのでチャレンジして下さい。

※おまけ

真鯛:41cm

[…]

大分県別府市-別府湾(馬場の瀬):カワハギ

期間:10月28日 場所:大分県別府市-別府湾(馬場の瀬) 釣人:オーノ

カワハギ・サンバソウ・アラカブ・真鯛

~レポート~(オーノ)

先日大分へ行って来ました。と言っても磯釣りでは有りません。毎年恒例の別府湾馬場の瀬のカワハギ釣りです。 今年は水温が高いせいかカワハギのまとまりが悪く例年の様に釣れていないと船頭さんが言っていました。やはり食いが悪く釣果が伸びませんでした。カワハギの27㎝を頭に5匹 サンバソウの27㎝が1匹、24㎝の真鯛が1匹、18㎝のアラカブが2匹その他諸々(全部放流しました)と言う貧果に終わりました。

大分県別府市-別府湾(新若草港):アジ

期間:6月15日 場所:大分県別府市-別府湾/新若草港 釣人:オーノ

アジ(24尾)

アジ:43cm

~レポート~(オーノ)

今日大分に磯釣りではないのですが行って来ました。 別府市の新若草港のべっぷ丸での鯵釣りです。04:00集合と言う事で、昨日の夜20:00若松を出発をし23:00頃現着で仮眠所にて仮眠を取り04:30出港の第2べっぷ丸にて2時間30分の船旅で屋島沖に到着、今日は船をアンカーを打ってのかかり釣りです。

開始して5回ぐらい撒き餌を繰り返していると船内あちこちで釣れ出しますが私には全然釣れません焦ります。隣で釣っている人に仕掛けを聞くとべっぷ丸オリジナルの仕掛け言う事なので船頭さんより1枚いただき釣り始めるとさすがオリジナリですね、でも私のアームが悪いのでポツリポツリしか釣れませんでしたが、その内慣れて来たのでしょうみんなに追いつくように成りましたが、でも常連さんは上手です出だしの不調がたたってだいぶ差がついてしまいました。それでも帰って数を数えたら24匹釣っていました。最大は43㎝ほどありました。バラシもかけての3割ぐらい有りました。

今日は雨風を心配していたのですが釣っている間は風もなく波もなく快適な釣りが出来ました。 写真を撮りましたのでUPしてみました。

春季大会-大分県佐伯市/米水津:クロ

期間:1月28日 場所:大分県佐伯市/米水津 釣人:オーノ・てっちゃん・moripp・youan・フジやん

結果 1位:Mt.fuji/クロ(44cm+37.5cm) 2位:youkan/クロ(47.5cm+30.5) 3位:moripp/クロ(29.5cm) 4位:てっちゃん/ブダイ(37.5cm) 5位:バンキンマン/ニザダイ(27.2cm)

クロ:44cm

クロ:47.5cm

youkan

~レポート~(youkan)

大会参加のみなさんお疲れさまでした。今回の参加者はてっちゃん,フジヤン、モリパパ、大野さん、自分の5人大会となり+大野さんの知人の吉村さんも含め計6人の釣行になりました。 3時出港、同じ瀬に乗ったのはフジヤンとモリパパで夜が明けるまで自分だけ竿を出しましたが あたりがありませんでした。夜が明けて3人とも竿を出し 7時過ぎに最初のあたりで40センチぐらいニザダイを釣り上げて横で釣っていたフジャンを見ると大きく竿を曲げておりタモですくうと重量感があり釣り上げたのが45センチのぐらいのクロでした。負けじとすぐに竿を出し30センチクラスのクロを2枚釣り上げた後、ふと横をみるとまたフジャンの竿が曲がっており、又40センチぐらいのクロを釣り上げ、しばらくがんばりましたが、あたりがなく11時ごろ久々のあたりで掛けた時”久々の大物の手応えがして慎重にやり取りをして フジャンにタモ入れしてもらうと(重た~い)の一言、見ると50センチ近いクロでした。

その後、2度40センチオーバーのクロを掛け目の前でハリはずれされ ブダイ38センチを追加後、3時40分ごろ いきなりのあたりで仕掛けごとブチ切られ納竿、4時になると常連のような人が 場所取りに2人乗ってきて話を聞くと夜釣でも足元で、クロが釣れるとのことでした。4時半に回収、釣り場は鶴御崎の白崎の洞という所でした。この瀬の釣果は自分はクロ47.5センチ他2匹外道3匹 フジヤン、クロ44.5センチ他2匹 モリパパ、クロ29センチとカワハギ1匹ずつで白崎横で瀬上がりしていた3人はクロは出ず残念な結果でした。フジヤンと自分だけ 数は出ませんでしたがそこそこの釣果でした。久々の大分釣行でしたがなかなか楽しめた釣行でした。釣れなかった人も大会参加できなかった人もリベンジしませんか?次回は50UPを釣りたいです”大会の結果は2匹の長寸でしたのでフジヤンが優勝でした。

[…]